アクセスの良いところで開催されるので無理なく参加できる

ジョセフのヒーリングはどんなものか、感じがつかめる

一日で終わるので、ヒーリングに慣れていない方でも安心して参加できる

 

photo_04-14

 

title_01

 

クオンタムとは『量子』。アラインメントは、『失ったバランスを取り戻す』という意味で、量子レベルからの癒しや変容が起こるセッションです。

感情や魂に働きかけ、目に見えないブロックを解放するので、眠っていた才能や意識が覚醒され、深い気づきが起こります。また古い感情などを解放すことで運命が加速し、自分に必要な出来事や体験などを引き寄せることができるようになります。

私たちは誰しも、トラウマやインナーチャイルド、さらに過去世などから引き継いだ傷をかかえて生きています。しかしその傷が解放されていないままだと、病気や生きづらさ、何度も繰り返してしまう同じような失敗や、人生上でのさまざまなトラブルなどが起こります。その原因となっているネガティブな感情やトラウマなど、いらないもの、手放すべきなのに手放せないでいる古い感情を解放・浄化させて生きやすく、そして本来の自分自身や魂の輝きを取り戻させてくれるボディワークです。

photo_02

 

title_02

 

cando

感想1

想像していた以上の 素晴らしい一日でした。なにより、自分で浄化しよう・・・と頭で考えていたこととは全然違うことが浮上してきたので驚いたと共に、なるほど・・・と納得しました。そういう出来事があったことすら忘れていたのです。というより蓋をしていたのだと思います。少しずつ新しいことを初めて、このきっかけを上手に生かしたいと思います!

(Tさま、千葉市、40代、接客・事務、女性)

感想2

初めてのヒーリングは、驚きでいっぱいでした。 問題のあるところを的確に紐解いていくジョセフ。ヒーリング開始とともに、感情があふれ、ただ涙が流れていました。「心の蓋をあける」、という目的が果されたのです。そして、母から続くパターンを終わらせるんだなと思いました。とにかく泣き、泣くことで全てを融合させていく感じでした。

2回目のヒーリングでは、もう涙は流れませんでした。ただ嬉しい、楽しい感覚でヒーリングを受けていました。全てが終わった後、みんなの笑顔がとても輝き、はじまった時の顔とは全然違っていたのには驚きました。

(Yさま、神奈川県、30代主婦、女性)

 

title_03

 

  • 本当の自分を生きていないような気がする
  • 好きなこと、やるべきことがわからない
  • 過去のトラウマがたくさんあり、解放したい
  • セラピスト、ヒーラー、カウンセラー、整体師、施術者、療法家

 

ジョセフは、『肉体の状態がヒーリングの質を決める』といいます。日本のセラピストが一番できていないところでしょう。「人の助けになりたい!」その思いが強すぎて、体がぼろぼろになるまで仕事を詰め込んでしまう人をよく見かけます。セラピストやヒーラーさんには、とくにおすすめしたいセッションです。あなたのレベルアップが日本のヒーリングの常識を変えるかもしれません。本物のヒーリングを極めていきたい方、ぜひともご参加ください。

 

cando

 

「今日は可能性を発見する一日になるでしょう。」

 

ジョセフが厳かに語ります。

 

「誰でも必ずユニークな才能を持っています。そしてその才能に優劣などないのです。序列は人間が勝手に作り上げたもの。実際にはどれも価値は同じなのです。」

 

皆さん真剣に一言一言を噛みしめます。

 

「でももし感じやすい子供がいつも泣くな!とお父さんやお母さんに言われ続けて大きくなったらどうでしょう。子供は感じやすさは欠点と信じて隠してしまいます。まさにそれこそが最大の宝物なのに、です。」

「無意識の世界にはこのような間違った情報が沢山あるのです。」

「体はすべてを覚えています。体のメッセージを正確に受け止められるよう、私がお手伝いします。」

「受け止めてあげれば、エネルギーは変わります。さらにそこに新しいエネルギーを導き入れ、統合していきます。」

説明の後はボイジャーカードを使い、今日のセッションの目的を一人一人確認します。そして、いよいよグループヒーリングが開始されます。用意された4台のマッサージテーブルに自分のタイミングで上ります。

「9歳のとき、何があった?」

数字が浮かんでくるというサイキックヒーラー、ジョセフの言葉に、しまい込んでいた感情が一気に浮上します。

「ここにあるのはお母さんへの怒り、そしてこれはその奥に隠れた悲しみだね」

ジョセフが触れるポイントは核心をつき、あちこちでうめき声、そして涙。テッシュの箱が大活躍です。ああ、この痛みは表現できなかった怒りだ・・・

これは力を出したらつぶされるという思い込みかな・・・

裏切られた心の傷を守ろうとしていたのか・・・

謎が解けたとき、それぞれのお顔がぱっと明るくなります。

「痛みに感謝しようね」

ジョセフが繰り返し口にする言葉です。

そう、こりや痛み、不快な症状は間違った信念を教えてくれる重要なサインなんです。気づき、理解し、新たな信念と取り替えるまで、それらは注意を促し続けるのです。ジョセフの指示に従い、深い呼吸とともに理解し、感謝を送ると、どうでしょう!?

あれほど辛かった痛みが、重さが、スッキリと抜けていくのです。施術が終わり、上気したみなさまにジョセフが行動を促します。

「何でもいい、今までと違うことをしよう。それが変化のきっかけとなるから。」

「点描マンダラ、やります!」

「コーヒーやめます!」

「自分の罪悪感をいやして、愛を受け取れるようになります!」

前向きな言葉をたくさん耳にし、通訳しながら幸せな気持ちになりました。

勇敢なみなさんと出会えたことに感謝しています。

photo_06


ジョセフイベント

 

 

grouphealing001


  • グループヒーリング会場
  • ● 10月27日(火曜日)  東京グループヒーリング
    OPEN SKY OIZUMIGAKUEN
    東京都練馬区東大泉1-37-8 ドラゴンスクエアⅡビル7階
    西武池袋線「大泉学園駅」北口より徒歩2分
    http://www.rentalspace.jp/access.html

    時間 10:00〜16:30(多少延長する場合があります)
    料金 35、000円
    定員 12名

 

btn_contact